2010年3月13日 
自然素材に親しむ*自分の積み木を自分でつくろう!
               (4種の国産木つみき)


第一回出前*ウッド・クラフト・ワークショップを、
阿佐ヶ谷地域区民センターにて開催いたしました。
今回は2歳さん始め、ご兄弟、お父さん達の参加もあり、
その雰囲気だけでも楽しめるような、にぎやかな教室となりました。

◯あるばむで、流れを追ってみましょう!

tumiki01 tumiki02 tumiki10
 看板担当の小さなスタッフ       みなさん、木のお話だよ〜         つみきセット、ゲット!
tumiki31 tumiki13 tumiki34 
     まずは、やすりかけ          固い木もあるし、     削ると良い香りの木もあるよ 
tumiki14 tumiki03 tumiki04 
 机の下にもぐってみたり、、   立ったままだったり、、  みんな真剣に取り組んでます!
tumiki26 tumiki23 
    ♪でも、、、途中にちょっと、遊びながらねっ♪
tumiki20 tumiki32 tumiki07
     
 ☆袋には、染色ペンで好きな絵を描いてみよう☆       日付入は良い記念になるね
tumiki18 tumiki11 tumiki30
 ↑クルミから油を出す方法を解説したい、小さなスタッフ        こんな感じかな?
tumiki08 tumiki19 tumiki12 
  キレイにできてます!      ちょっと休憩☆     このクルミ、食べれるんだよ 
tumiki22 tumiki21 tumiki15
クルミをくるんだてるてる坊主  このてるてる坊主を木槌で、、    トントン叩いて 
tumiki17 tumiki27 tumiki5f8c
  オイルを出そう!            そして、塗ったら出来上がり♪ 


◯ご参加いただいた皆様からのご感想と、アンケートの一部を掲載させていただきました。

■ご感想
・子供との楽しい時間を過ごさせて頂きました。
 いつも公園で走り回ってばかりなので、自然を感じながら創造する遊びはとーっても新鮮でした。
 貴重な体験をさせて頂き本当に感謝です☆

・木の素材、香を楽しむという設定はとても新鮮で楽しかったです。

・とても参加してよかったです。
 子どもの興味を引き、長く使えるものを自分で作るという講座はとても少ない。
 買うのではなく、作る。物を大切に使う。といったことを教えられる良い講座でした。
(主催者の)親子一緒というのが可愛らしくて、また同じ親として親近感がわいて良かったと思います。

■ご参加いただき、一番印象に残ったのはどの部分でしょうか?

・くるみから油を絞い出し、それを木に塗ったところ。
 食物から油が採れるというのは当たり前なことなんだが、いざ目の前で、
 しかも積み木という食べ物ではなくおもちゃに塗るというのが新鮮だった。

・作業はもちろん楽しかったのですが、お教室の雰囲気の良さが一番印象的です!
 とにかく、子供達がイキイキできるアタタカイ雰囲気は重要だと思うので。

・木の材質による違いを比べられたこと。色・匂い形など。特にオイルを塗った時の変化が楽しかった。

■体験教室から帰宅後、実際に積み木で遊んだり、手で触れてみたりしていますか?

・思ったより子どもも反応を示し、手に取って遊んでいます。
 なにより自分たちで作った愛着感がありGOOD!

・これは何の木だったっけ?と話しながら遊んでいました。
 
・生活の中でこんな使い方は?とか考えています。
 たとえば、ちょっとした外出や、玄関などでオブジェとして。
 
・お兄ちゃんは飛行機や鳥を作ってみたり、弟は立てて倒して、袋に入れて持ち歩いてウロウロしています。
 市販のものより倒れた音が軽やかできれいで、激しく倒していてもあまり気になりません。

・以前のつみきよりよく遊んでいます。
 
・やはり自分が作ったという感覚があるようです。
 お兄ちゃんが丸型のひとつに顔を書いてしまったけど、それがさらに面白さを深めたみたいで、
 レゴと組み合わせてロボットにしたり顔のあるものを作って喜んでます。
 あと袋だとおもちゃ箱の中から取り出しやすいみたいで、
 袋ごとゴソッと取ってテーブルに持っていってテーブルの上で遊んでいます。

*ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。