2010年7月 その2
森の木のスプン作り 
〜毎日使うスプンを育ててみよう〜

花の森こども園は、豊かな自然に恵まれたムクゲ自然公園の一角にある、森のようちえんです。
まだ、地元の方にもあまり知られていない、生まれて間もないようちえんです。

そんな、山の中の木々に囲まれた、隠れ家のような園舎では、
うつりゆく日々を体ごと受けとめる、こども達の声と森の音がここちよく響きます。

お庭では、ヤギをはじめチャボやウサギなど、園児がお世話をする小動物をはじめ、
様々な昆虫・植物が、子供達と一緒に育まれています。
また、週に一度、各家庭から持ち寄った野菜を、
保育者と子供達が一緒に調理し昼食を共にする、”同じ釜の日”があります。
チャボが生んだ卵も、ときには、お献立の一品になったり。
そして、炊くお米も、自分達で田植えし収穫した玄米なのです。
勝負・優劣など、記録として目に見える花を咲かせることに重点を置くのではなく、
人も自然の一部として生きていることを、幼児期からしっかりと感じとる経験は
かけがえのないものであり、生涯の宝物となることでしょう。

四季を通じて生きるという自然環境をベースに、
「自己教育力」〜自然の中で 自ら伸びるこどもに〜 を尊重されている花の森こども園と、
同じく秩父の山で、秩父の山・森の木を素材に活動をしている私達が、
今回のような形ででも関わり合えることを、本当に嬉しく思います。

                   ☆花の森こども園のブログは → 
Pasted Graphic

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
              
◯当日の様子です (場所:花の森こども園 陶芸館 /秩父郡皆野町・ムクゲ自然公園内)
    
                    
16 08
 陶芸以外のものづくりにも最適なスペースで  色々な木から 自分のスプンを選びます
130412
          この日は 朴 栗古材 クロモジ ニセアカシアから選んでいただきました
01 14
     くるみを扱い、、、         焼印を施し、、、
17 11
  赤ちゃん連れの見学者さんもご来場    焼印より難しい 焼ペンに挑戦のAさん
150706
   お母さん 頑張って〜
090305
                                     はい 頑張ったよ☆

   *雨の中、ご参加いただいた皆様、見学にいらしてくれた皆様、どうもありがとうございました。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

☆オープンデーのチラシです↓
表                                 裏
花の森Flr002